事業案内

三次元形状生体組織細断装置

三次元形状生体組織細断装置

二種類のカッターで生体組織を三次元形状、つまり立方体に切ることができます。

向って左側が「x軸方向カッター」で右側が「y-z軸方向カッター」です。

使い方と特長

  • 生体組織は真ん中の青いトレイの中にあるステージに専用接着剤で固定されます。
  • このステージの高さをデジタルマイクロメーター付きのジャッキで精密に設定します。
  • ステージは直動レールの上を走る構造になっており、先に「x軸方向カッター」に動かし固定して切ります。
  • カッターは100μm幅、150μm幅、200μm幅の三種類の間隔の中から選んだ「刃物送り装置」を選ぶことができます。
  • 選んだ幅の一辺を持つ立方体がこれで切断できます。
  • x軸方向の切断が終わると、ステージごと右に走らせ、今度はy-z軸方向に一度に切断し立方体を完成させます。
  • 切断した生体組織は生理食塩水などでトレイに流し込み、そのまま回収できます。
  • 刃物やステージおよびトレイはディスポーザブルになっております。
  • 細断された画像はイヌの軟骨組織です。
  • スケールの最小目盛りは0.5mmです。
三次元形状生体組織細断装置 三次元形状生体組織細断装置